黄色い薬

性病を知る

近年、病院でアジーを処方される、個人輸入でアジーを購入する人が増えています。というのも、昔に比べて性行為を行なう男女の年齢というのは早くなってきていますし、経験人数も増えている傾向にあるからです。誰とでも簡単に性行為をしてしまう人が増えているということで、性病に感染している人口も増えています。

性病というのは性行為や性行為に近い行動によって感染してしまいます。そのため、風俗で働く女性や風俗を利用する男性でも感染する可能性が十分あります。
性病といっても様々な種類がありますが、その中でも淋病やクラミジアとよばれる性病は非常に感染者が多いです。というのもこれらの性病というのは自覚症状がなく、感染しやすい特徴を持っていますので、感染していることにも気づかず、また他の人と関係を持って相手に感染させてしまう…というように知らず知らずのうちに感染者を増やしてしまっているのです。

自分ももしかしたら感染しているかもしれない、そういった意識を持つことと性病についての知識を持つことが大切です。そうすることで早期発見早期治療につながります。
クラミジアの場合、潜伏期間は1~3週間と言われており、男性であれば排尿時の痛みや透明な膿が尿道から出てきます。女性であればオリモノの臭いが強くなる、下腹部が痛むといった症状が起こります。
淋病の場合、潜伏期間は2~5日と言われており、症状はクラミジアとほとんど同じです。

こうした症状がある、思い当たる節があるという場合には病院で診察を受け、アジーを始めとする抗生物質で治療をしていく必要があります。初期の段階で気づき、アジーを服用すればすぐに治ります。